食べ過ぎは中性脂肪の天敵です|中性脂肪対策

A中性脂肪対策.ゆっくり食べることを心がける

中性脂肪と食べ過ぎ

photo by mripp

 

中性脂肪が増えてしまう原因となる習慣の1つに“食べ過ぎ”が挙げられます。当然、必要以上のカロリーを摂取することになりますから食べ過ぎは避けなければいけません。

 

『止めようと思っていてもついつい食べ過ぎちゃう・・・』

 

そんな人も多いのではないでしょうか?実は食べ過ぎが習慣になっている人にはある共通点があるんです。それを改善するだけでも食べ過ぎを防ぐことができるんです!

 

食べ過ぎ防止策 食事はゆっくりよく噛んで!

早食いをしてしまうと、脳にある満腹中枢が刺激される前に必要以上に多く食事をとってしまいます。ですので、ゆっくりゆっくりと食事をとりましょう。おすすめは、一口ごとに必ず30回かんでからごはんをのみこむこと、一度口にごはんを運んだら、いったん箸を置き、のみこんでから改めて箸をもつ習慣をつけることの2点です。咀嚼しながら、次に口にするごはんを箸でつまんでいる人を見かけますが、これは最悪です。最初は面倒くさいですが、習慣化すると無意識にできるようになります。2点とも非常に効果的なので是非だまされたと思って試してみてください。


関連ページ

@摂取するカロリーを把握せよ!
中性脂肪は理由がない限り勝手に増えることはありません。その理由の中で最も多いのが“カロリーの摂りすぎ”です。さて、アナタが今日摂取した総カロリー値は?そして理想の摂取カロリーは?
B中性脂肪対策
中性脂肪の分解酵素の働きを鈍くするのがアルコールです。その為、過度の飲酒は確実に中性脂肪値を悪化させます。数値が基準値を超えている人は“アルコールを絶つ”という気持ちが必要です。
EPAを効果的に摂取
食生活に大きく関係している中性脂肪。長い年月をかけて貯まった脂肪も食生活の改善をすることで確実に減らすことが可能です。でもその前に中性脂肪の減少に役立つ“アレ”を確認しておきましょう。
中性脂肪と動脈硬化
健康な老後を迎えるには中性脂肪値を基準値内に戻すことは必須条件といえます。では高くなってしまった中性脂肪値を下げるにはどのような方法があるのでしょうか?