【中性脂肪が高い人の対策】摂取するカロリーを把握せよ!

@中性脂肪対策.摂取するカロリーを意識する事

“腹八分目”といったあいまいな目安ではなく、自分が摂取してもよい1日の適正エネルギーを知っておくことをおすすめします。適正エネルギー量はおおよその目安として、身長(m)を2回かけたものに、さらに22と28をかけたくらいのkcalにすると良いでしょう。例えば身長160cmの人であれば、1.6×1.6×22×28=1576.96となりますから、大体1日の適正エネルギーは1600kcalくらいとなります。
したがって1日3食を食べている人の場合、1回の食事で摂取してよいカロリーは550kcalくらいになります。もちろん3食のカロリーはきっちりと3等分になっていない人の方が多いでしょうから、さほど厳密ではなくても結構です。重要なことは、上の例であげた160cmの人が例えば朝だけで1000kcalもある高カロリーの食事をとると、その日は昼と夕を合わせても後600kcalしか食べることができませんよ、ということを知っておくことが大事になります。
まずは自分が食べている食事のカロリーを把握してみて下さい。コンビニエンスストアのお弁当やパンはほぼカロリーが記載されていますし、レストランでもカロリーがメニューに表示されていることが多くなっています。
自分で調理されている人もインターネットや本で調べると、たいていのメニューのカロリーはたいていわかります。厳密である必要はありません。大事なことは“さほどおなかがふくれない”にもかかわらず、高カロリーなメニューを避けることです。

関連ページ

A食べ過ぎ予防はゆっくり食事
食べ過ぎは当然ですが中性脂肪を増やす原因のひとつです。実は食べ過ぎる人には、食事の摂り方にある共通点があるんです。それを改善するだけでも食べ過ぎ防止につながります。
B中性脂肪対策
中性脂肪の分解酵素の働きを鈍くするのがアルコールです。その為、過度の飲酒は確実に中性脂肪値を悪化させます。数値が基準値を超えている人は“アルコールを絶つ”という気持ちが必要です。
EPAを効果的に摂取
食生活に大きく関係している中性脂肪。長い年月をかけて貯まった脂肪も食生活の改善をすることで確実に減らすことが可能です。でもその前に中性脂肪の減少に役立つ“アレ”を確認しておきましょう。
中性脂肪と動脈硬化
健康な老後を迎えるには中性脂肪値を基準値内に戻すことは必須条件といえます。では高くなってしまった中性脂肪値を下げるにはどのような方法があるのでしょうか?