中性脂肪が高い場合の対処・改善方法

中性脂肪が高い人がとるべき対処・改善方法

中性脂肪が高いという状態は、おおざっぱに言えば血液中にエネルギーがだぶついている状態です。したがって、高い中性脂肪値を改善するためには、“口からからだに入るエネルギー量を少なくする”(=食事療法)と、“消費するエネルギー量を増やす”(=運動療法)の2点が基本になります。中性脂肪はLDLコレステロールに比べて、より効果的に食事療法や運動療法に反応して低下することが一般的です。ぜひ取り組んでみてください。
中性脂肪が高い場合の食事の注意点として以下のようなことがあげられます。中性脂肪が高い方は肥満をともなっている場合や、カロリーを過剰に摂取していることが多いので、体重を減らすことを意識した食生活(ダイエットですね)が大事になります。したがって下記のような内容に気を配ると有効です。
@摂取しているカロリーを意識する
A食事はゆっくり食べる
B食物繊維を積極的に摂取する
C間食はできるだけ控える
Dアルコールを絶つ
E肉よりも魚を食べる

中性脂肪が高い場合の対処・改善方法記事一覧

“腹八分目”といったあいまいな目安ではなく、自分が摂取してもよい1日の適正エネルギーを知っておくことをおすすめします。適正エネルギー量はおおよその目安として、身長(m)を2回かけたものに、さらに22と28をかけたくらいのkcalにすると良いでしょう。例えば身長160cmの人であれば、1.6×1.6×22×28=1576.96となりますから、大体1日の適正エネルギーは1600kcalくらいとなります...

photo by mripp中性脂肪が増えてしまう原因となる習慣の1つに“食べ過ぎ”が挙げられます。当然、必要以上のカロリーを摂取することになりますから食べ過ぎは避けなければいけません。『止めようと思っていてもついつい食べ過ぎちゃう・・・』そんな人も多いのではないでしょうか?実は食べ過ぎが習慣になっている人にはある共通点があるんです。それを改善するだけでも食べ過ぎを防ぐことができるんです!食べ過ぎ...

photo by Novaflyお酒は百薬の長って言うけれど?中性脂肪の観点からはお酒は“悪”アルコールは中性脂肪を分解する酵素の働きを弱めるため中性脂肪値を増加させます。さらに、飲酒すると食事が進んでついつい食べ過ぎてしまったり、おつまみとして高カロリーな食材を摂取してしまうことも、間接的ではありますが、中性脂肪を増やす原因となります。極力禁酒されることをおすすめします。“日本酒よりもワインの方...

健康診断や人間ドックの検査結果が基準値を越えるような値である場合、ほとんどのケースが食生活の乱れが原因となっています。しかも、一朝一夕で貯まるようなものではありませんので、長い時間・期間をかけてゆっくりと蓄積しています。このようなケースでは、逆に言えば、食生活を改善するだけでも大幅に中性脂肪値は下がります。1日3食しっかり取る、食事はよく噛んでゆっくり食べるなどの注意事項を守ることがまずは第一。中...

中性脂肪は簡単に言ってしまえば、体で使うエネルギーです。中性脂肪が体内に入ると、まず皮下脂肪に蓄えられ必要に応じて利用されます。しかし!!中性脂肪の量が許容量を超えて増えてしまうと、余計な脂肪として肥満症を引き起こしたり、肝臓に中性脂肪がたまって脂肪肝になったりします。さらには血液の中でだぶついた中性脂肪(まさにいわゆるドロドロ血液の状態です)は全身の血管を傷つけて動脈硬化を起こします。【生死に直...